目が細いことでいじめられていた

小学生の時に、いじめられていたことがあります。クラスの人気者の女の子にいじめられ続けたので、とても悲しかったです。

いじめられた理由は、目が細かったからでした。目が細いことを何度もからかわれました。周りの友達に助けを求めても、あまり助けてもらえなかったので、一人でかなり悩んでいました。

ある時、親に打ち明けると、親が一緒に泣いてくれました。もっと早く親に打ち明けていれば良かったと後悔しました。
悲しいことや悩みがある時には、いつも親がそばにいてくれます。目の大きさをからかわれたという事実は変えられませんでしたが、
目の整形手術をすることを親が提案してくれました。

目を整形することなど考えてみたことがなかったので、親が提案した時には、かなりびっくりしてしまいました。
しかし、目を整形すると、大きな二重まぶたを手に入れられると思ったので、すぐに整形しに行くことにしたのです。

というのも、大きな二重まぶたを手に入れると、周囲の友達たちにいじめられることはなくなると思ったからです。
実際に、二重まぶたを手に入れてからは、周囲の人にからかわれることはなくなりました。
むしろ、きれいになったと言ってくれる人が増え始めたくらいです。自信を持つことができるようになったので、本当に嬉しかったです。

 

資格なしの美容外科の求人の厳しさと実態

 

中学生の頃から美容には興味を持っていましたが、それを仕事にしようという発想は持っていませんでした。大学にまで進学してどのような仕事に就こうと仕事探しをしていたところ、美容業界からの募集もあるのだと気づいて、それが自分にとって最も幸せなのではないかと考えたことがありました。ただ、何も資格がなかったのでこれからもう就職活動を始めるという段階では美容業界を目指すのは難しいと考えて諦めてしまったのです。

しかし、資格なしでも美容外科からの求人があるというのに気づいたタイミングがありました。結婚したときに仕事を辞めてしまったのですが、やはり手持ち無沙汰だから働きたいと考えるようになったときです。求人サイトを見ていたところ資格なしでも可という広告が目に入って、自分のためにあるようなものではないかという印象を受けました。その日のうちに夫に相談してまた働きたいという話をしたところ、美容業界というのに少し難色を示した様子もありましたが、渋々了承してもらうことができました。そこで本格的に求人情報を集めて美容外科で働こうと決めたのです。

資格なしで何ができるのかというのは甚だ疑問だったので、実際の仕事内容についてもよく吟味しました。医師とその補助をする看護師がいれば現場は成り立つはずであり、資格がなければどうしようもないのではないかというのが私の考えだったからです。現場によっては確かにエステティシャンやネイリスト、マッサージ師などもいる場合があるので資格は必要なくてもスキルや経験が必要なのではないかという疑いも持っていました。しかし、それは半分正解で半分誤りというのが調べてみるとわかったことです。確かにh多かったのはスキルを要求するものでしたが、中には本当に何もスキルがなくてもできそうなものも見つかりました。業務内容として挙げられていたのが受付とコールセンターであり、どちらも確かに資格もスキルもなくても従事できそうだという印象を受けたのです。これなら私にもできるだろうと思って応募することにしたのですが、私が探したときにはコールセンターの求人は見つけられませんでした。そのため、大小の美容外科クリニックからの受付の求人に応募して本当に採用してもらえるかを試してみました。

通える範囲には二つしか求人がなかったのでそもそも競争が激しいだろうという印象はありました。どちらも面接に呼んでもらうことはできたのですが、その日のうちに内定をもらうことはできず、後日になって不採用の通知を受け取ることになったのです。資格なしではやはり美容外科に勤めるのは難しいのだろうという印象を受けましたが、その直後にもう一つ新しい募集が見つかったので、それを最後にしようという気持ちで応募してみました。このときもその日のうちに採用を通知してもらうことはできませんでしたが、二日後になって電話がかかってきて採用するから詳細を聞きに来て欲しいという連絡をもらえたのです。資格なしでも必要とあらば採用してもらえるのだと心躍る気持ちで翌日にオフィスに向かったところ、業務内容を詳しく聞かされてなるほどと納得する部分がありました。私はもともと金融関係の仕事で営業職を行っていました。そのキャリアが認められて資格なしでも採用されたのだとわかったのです。業務内容として伝えられたのが単純な受付ではなく、基本的な姿勢として営業を行うというものになっていました。顧客の話を聞いて手術を受けるように最終的には促すようにするというのが基本的な考え方であり、そのためによく勉強するようにと資料まで渡されることになったのです。私にとっては得意分野なので、その点を見込んで採用してくれた美容外科には感謝しています。